2021年、49歳のチャレンジ

カメラマンとして本格的にスタートした2021年。わたしが49歳になる年でした。
そこで「49」という数字から、49人の方を無料で撮影するというチャレンジをしました。

こいまゆが写真撮影をしている画像
水玉のイラスト
こいまゆが写真撮影をしている画像

結果的に、100人の方にご参加いただいてチャレンジは大成功!

と、同時に次のことを考えている自分がいました。

2022年、何をテーマにしたらいいんだろう…

水玉模様のイラスト

今回のテーマ“ ”を見て、どう感じましたか?

「え、“ ”の中、空っぽなの?」
「え、このLP間違ってない?」
「本当にテーマないの?」

そう思いますよね。

こいまゆが考えている画像
こいまゆが考えている画像

今年の撮影をどうしようかなって考えてたとき、ずっと“ ”の中を入れなきゃって、思ってたんです。

だって、ただ面白そうだからとか、ただ楽しそうだからとかって、プロのカメラマンと
してどうなのかなって。

でもどんなに考えても、“ ”の中が浮かんでこない…。

ただぐるぐるぐるぐる…。
そんな日々が続いたとき、
ふと思ったんです。

大義名分とか理由必要なの?って

水玉模様のイラスト

新しい調理器具を買うのは時短になるから。

いつもより少し背伸びしたお洋服を買うのはいつかどこかで役に立つから。

習い事に行くのは資格を取れば仕事に活かせるから。

こいまゆが外を見ている画像
こいまゆと海辺の画像

わたしたちは一生懸命、毎日に大義名分をつけがちで、そうやって誰かに「いいよね」って
許可を求めてるけど…。

その許可、本当にいる?

水玉模様のイラスト
笑顔の女性の画像

欲しいから買う
着たいから着る
興味があるから学ぶ

それだけでよくない?

写真だって同じなんじゃないかな?

「専業主婦だし、ビジネスで使うわけじゃないし、だれかに見せるわけでもないしなぁ」

そんな理由って、本当に必要?

カメラを向けている笑顔の女性の画像
笑顔の女性の画像

楽しそうだから
あの人みたいに素敵に写りたいから
面白そうだから

もちろん、「なりたい自分」のために色々準備してきてもいい。それは自分の欲しいものに気づいてるってことだから。

どんな想いであれ、ただそうしたいから。
それだけでいいじゃない?

想いは人それぞれ違ってて全然いいんだ

そう思ったら、テーマは“ ”しか思い浮かびませんでした。

あなたは、“ ”になにを入れる?

“ ”の中に入れるものはあなたの自由。

“ ”の中に入れるものをいっぱい準備してもいい。

“ ”の中に入れるものが思いつかなくてもOK!

水玉模様のイラスト
こいまゆの笑顔の画像

それぐらい、わたしたちは自由でいいんだよね。

“ ”の中を一緒に考えるところから始めても楽しいかも。

あなただけの“ ”で、こいまゆと一緒に撮影を楽しみませんか?

こいまゆ フォトセッションツアー2022
“ ”

水玉模様のイラスト
about tour

今年はとにかく日本の色んなところへ行って写真を撮ります! 

日本地図のイラスト

あなたのリアルな今を撮影するために日本各地を巡業します!全国10エリア、行きたいから行きます!

まずは春夏で、札幌、仙台、東京、神奈川、富山、名古屋、大阪、沖縄へ。

秋には中国、四国、九州にも。

水玉模様のイラスト
スケジュール

撮影スケジュール

ミュージシャンのライブツアーのように、日本各地を巡ってあなたと一緒に盛り上がりたい!

こいまゆと一緒に撮影を楽しみましょう! 

こいまゆとモデルさんが笑い合っている画像
こいけまゆみ

あらためまして、「こいまゆ」
こと小池まゆみです

私は2019年からカメラマンをしています。そのきっかけは、「撮られることで、わたしはわたしに
なっていった」という体験をしたから。

こいまゆの画像

それまでの私は、どこか自分の気持ちに蓋をして生きていました。

可愛くなっちゃいけないとか、大人らしくきちんとしてなきゃいけないとか、どうせ色気のある女性にはなれないやとか。

本当は可愛くなりたいし、子どもみたいにはしゃぎたいし、色気だって欲しかったのに。

だってほしいって思っても、それが叶わなかったら悲しいじゃない?だったら、最初からほしいって思わないほうが、傷つかなくて済むよねって。

だから、未来の自分になんて、何の夢も持てなかった。

でも、撮ってもらうようになって、どんな自分でもいいんだって思えるようになったんです。

何を求めてもいいし、好き嫌いだってハッキリ言ってもいい。

そうしたら、どんどん自分の表情が変わっていくのがわかりました。

そして、気づいたら、「なりたかった自分」にどんどん近づいていった。

こいまゆの画像

わたしは撮られることで、わたし自身になっていったんだ

こいまゆの画像

そして、今度はあなたの「わたしがわたしとして輝いていく」きっかけになれたらと思って写真を
撮っています。

水玉模様のイラスト

撮影料について

16,500

(税込・撮影45分間)

Q and A

Q:撮影は野外ですか?雨の場合はどうなりますか?
A:基本的に屋外での撮影です。悪天候の場合はスケジュール変更で対応させていただきます。
Q:ヘアメイクなどはありますか?
A:ヘアメイク付きではありません。
Q:どんな服装をしたら良いですか?
A:可愛い感じ、クールな感じ、リラックスモードで、など、写りたいイメージがある場合は、イメージに合わせたお洋服を選んでください。
イメージで、と言われても・・・と言う場合は、今のあなたがお気に入りの、これが好き♡という気分が上がるお洋服でいらしてください。
Q:撮影中に着替えはできますか?
撮影中のお着替えはご遠慮いただいていますが、うえに羽織るもので雰囲気を変えるのもおすすめです。
Q:事前打ち合わせはありますか?
A:事前打ち合わせはありません。もし何か心配や気がかりがある場合は、FacebookメッセンジャーやLINEでご連絡ください
Q:ビジネスをしていなくても申し込めますか?
A:はい、もちろんです。個人でお仕事をしているしていないにかかわらず、写真を撮ってもらうことに興味があれば、ぜひお申し込みください。待っています。
Q:ふたり以上の人数で一緒に撮影できますか?
A:ひと枠でおひとりの撮影になります。
お友だちやお子さん(小学生以上)と一緒に撮影したいというときは連続したふた枠をお申し込みください。
Q:ゆっくりたくさん撮られたいときはどうしたらいいですか?
A:おひとりで連続した2枠をご予約いただくと、ゆったりたくさん撮ることができます。
Q:写真はどうやって受け取るんですか?
A:撮影当日にこいまゆチョイスの数枚を、1ヶ月以内に編集後のお写真をオンラインアルバムにアップしてお渡しします。
Q:入金後のキャンセルはできますか
A:ご入金後、お客様都合によるキャンセルは承っていません。体調不良など、どうしてもの際は撮影日の変更で対応させていただきます。なお、ご入金後の返金は致しませんのでご了承ください。

撮影までの流れ

プロフィール
こいまゆの画像

小池 まゆみ

1972年10月生まれ。
生まれも育ちも神奈川県内という生粋の神奈川県民。専門学校卒業後、大学附属病院の経理課に10年勤務。

2004年から協会最高位資格のアロマ・トレーナーとして17年間アロマの先生業を続け、日本全国に限らず海外からの受講生も集まるレッスンを展開。

レッスン中に撮った生徒さんの写真をきっかけに『人を撮る』ことの魅力にはまる。

自身が撮影体験を通じて、心のありようが大きく変わったことから、写真が持つチカラの素晴らしさに気づき、2021年にアロマの先生業を卒業し、カメラマンとしての活動を本格的にスタート。

同年、49歳の誕生日イベントとして「49人撮影」を企画。受付開始スタート15分で70名の申し込みがあり、 急遽「100人撮影」に増枠し再募集するも即日満席になる。

2022年、日本全国を巡るフォトセッションツアー敢行。
すでにリピーターからの問い合わせが殺到している。

スクロールボタン